ソーラー式LED灯篭

ソーラー式LED灯篭とは...

ソーラー式LED灯篭は、神社仏閣にある灯籠をソーラーパネルにて発電し、夜間に灯籠を自動点灯し、明るくなると消灯します。タイマーにより、日没後6時間だけ点灯させるような使い方も出来ます。
ソーラー式LED灯篭のライト部分はLEDを使用しているため、電球寿命が長くなります。ソーラー式なので配線工事も不要。基礎工事のみで簡単設置できます。メンテナンス作業も軽減、災害時でも点灯し続けます。

ソーラー式LED灯篭

ソーラー式LED灯篭の特徴

■簡単設置

配線が不要なので、直射太陽光が当たる場所なら何処にでも、基礎工事のみで簡単に設置できます。

・施工期間矢印 1基当たり約半日(製品・基礎ブロックの制作期間は除きます。)
・施工方法矢印 基礎工事のみ

■災害に強い

災害などの原因で停電になったときも、太陽光とバッテリーで照明機能を維持します。
避難所の照明・誘導灯としても最適です。

■耐用年数

◆灯篭本体 …………30年   ◆ソーラーパネル ……20年
◆LED照明 ……………10年  ◆バッテリー ………3〜10年

■省メンテナンス

LED照明は長寿命なので、蛍光灯のように交換の手間がかかりません。

  蛍光灯  LED照明
交換頻度毎年矢印10年に1回
清掃頻度矢印
 

■製品仕様

 ●太陽電池  公称最大出力 8W 2枚

 ●照 明 部
  消費電力 3W
  点灯時間 日没〜日の出まで(1〜15時間まで1時間毎に設置可能)
  点灯方式 日没自動検出にて点灯

 ●蓄 電 池
  容  量 (仮)12V−9Ah 2個
  質  量 1個 約3Kg
  設置場所 名盤板内部

 ●本  体
  材  質 AC4C
  高  さ 約2,520mm
  重  量 約121kg

 ●無日照保証 7日間(1日10時間点灯時)


※製品の仕様・デザイン等は、改良のため予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。